Jetson NanoでIntel RealSense D435のSDKをインストールする方法

  • URLをコピーしました!

今回はIntel RealSense D435をJetson Nanoで使用するための、RealSense SDKをインストールする方法を解説します。

また、Jetson Nanoに関する記事を以下のページでまとめていますので、あわせてご覧ください。

目次

環境

ハードウェア:Jetson Nano A02 4GB
JETPACK SDK:4.6.2
Python:3.6.9

Jetson Nanoの本体については、私が使用しているモデルは旧モデルのA02ですが、これから購入される方はインタフェースなどが増えているB01モデルがおすすめです。

Intel RealSense D435とは

Intel RealSense D435は深度センサーを搭載したステレオカメラです。詳細は以下の記事でレビューしていますので、あわせてご覧ください。

RealSense SDKのインストール

Jetson NanoでD435を使用するためにIntelが公開しているRealSense SDKをインストールします。
Githubの以下のリポジトリをダウンロードします。

git clone https://github.com/jetsonhacks/installRealSenseSDK

ダウンロードが完了したらインストールのためのシェルスクリプトを実行します。

cd installRealSenseSDK
./installLibrealsense.sh

以上でRealSense SDKのインストールは完了です。

動作確認

RealSense D435をJetson NanoにUSBケーブルで接続します。Jetson Nano側はUSB3.0のポートに接続してください。

Windowsの時と同様、RealSense Viewrというツールが用意されています。
以下のコマンドを実行してください。

realsense-viewer

RealSense Viewrの使い方は以下の記事で解説していますので、あわせてご覧ください。

RealSense Viewrを起動し、RGBカメラとDepthカメラをONにします。

RealSense Viewr

RGBカメラとDepthカメラが正しく動作していることが確認できました。

まとめ

今回はIntel RealSense D435をJetson Nanoで使用する方法について解説しました。画像処理はD435に搭載したプロセッサが行ってくれますので、Jetson Nanoでも軽快に動作することが確認できました。Pythonのラッパーライブラリについては以下の記事で解説していますので、あわせてご覧ください。

それでは、また次の記事でお会いしましょう。

\OpenCVを使った画像処理を学びたい人には自宅で学べるUdemyがおすすめ!  /

講座単位で購入できます!

参考

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次