Stable Diffusionで2次元キャラクターの成功率を劇的に向上させるモデル、Waifu Diffusionの使い方

  • URLをコピーしました!

ハイクオリティなイラストを生成できるAIとして話題のStable Diffusionですが、その中でも2次元キャラクターのクオリティを劇的に向上させるモデルがあることがわかりましたので、使用方法を解説していきたいと思います。

目次

Waifu Diffusionとは

ハイクオリティなイラストを生成できるお絵かきAI、Stable Diffusionをさらに2次元イラストに特化させるためのチューニングが行われたモデルがWaifu Diffusionです。
Waifu Diffuisonのリポジトリは以下となります。今回はこのモデルを使って2次元キャラクターを描かせてみようと思います。

Waifu Diffusionの実装

ベースとなるStable Diffusionのインストールと実装するためのソースコードの解説は以下のページでまとめていますので、あわせてご覧ください。

WaifuDiffusionの使用方法はいたって簡単で、モデルを指定する箇所を”hakurei/waifu-diffusion”に変更するだけです。
先ほどのStable Diffusionの使用方法を解説しているページに掲載しているソースコードの、パイプラインの設定部分を以下のように変更してください。

pipe = StableDiffusionPipeline.from_pretrained("hakurei/waifu-diffusion", use_auth_token=YOUR_TOKEN)

作成したソースコード

今回作成したソースコードは以下の通りです。
このコードを実行する前に先ほど紹介した「無料で使える描画AI!Stable Diffusionで画像を生成する方法」の解説に従いStable Diffusionのインストールを済ませておいてください。

モデルの変更に伴う箇所は8行目のパイプラインの設定の一行だけとなります。
また今回は一度の実行で10枚のイラストを生成するように変更しました。

from diffusers import StableDiffusionPipeline
from datetime import datetime

#HuggingFaceのトークン
HF_TOKEN = "〇〇"

#StableDiffusionパイプライン設定
pipe = StableDiffusionPipeline.from_pretrained("hakurei/waifu-diffusion", use_auth_token=HF_TOKEN)

#使用するデバイスを設定
pipe.to("cuda")
#pipe.to("cpu")

#生成したい画像を指示
prompt = "〇〇"

#10枚続けて生成
for i in range(10):
  #画像生成
  image = pipe(prompt, height=512, width=768)["sample"][0]

  #ファイル名に日時を付ける
  date = datetime.now().strftime("%Y%m%d_%H%M%S")
  path = date + ".png"
  image.save(path)

使用するデバイスでGPUが使えない場合は11行目を”cpu”に変更してください。

実行結果

今回は動作テストのためchiliさんがTwitterで公開されている呪文をおかりしました。

生成された絵の1枚がこちらです。

20枚ほど作っただけでかなりクオリティが高い画像が数枚出てきました。
以前のモデルだと人物は100枚生成して1~3枚くらい良い絵が出てくるかなといった感じでしたので、Waifu Diffusionに変更したことで2次元女性キャラクタークオリティが劇的に向上しています。

生成した画像のサイズを大きくしたい場合など、Real-ESRGANを使ってさらに高画質化するための方法を以下の記事で解説しています。

また、人物の顔の崩れた部分を奇麗に補正したい場合に使えるGFPGANについても、以下の記事で解説しています。

欲しい絵に出会うためにハードウェアを揃えよう

Google Colabでは無料でStable Diffusionを使用するためのコードを実行できますが、GPUリソースの制限がありますのでできればローカルでGPUマシンを用意してトライしたいところです。

Stable Diffusionで絵を生成する場合はグラフィックボードのGPUメモリの容量により生成できるサイズに制約ができますので、できれば12GB以上のメモリを積んでいるものがおすすめです。

まとめ

今回はハイクオリティな2次元キャラクターを量産できるモデルWaifu Diffusionを紹介しました。人物のイラストを生成する際の成功率が劇的に上昇しますので、2次元美少女を描いてみたい方はぜひ試してみてください。

また、生成したイラストの顔の崩れを補正する方法を以下の記事でまとめていますので、あわせてご覧ください。


それではまた次の記事でお会いしましょう。

参考

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次