高性能ラズパイ!1.8GHz Cortex-A72コア搭載のRaspberry Pi 400を購入しました

  • URLをコピーしました!

キーボード一体型のRaspberry Pi 400を購入してみましたので、これからこのブログでもレビューやアプリケーションの構築例を扱っていきたいと思います。

目次

購入した経緯

社内で使うWEBアプリケーションを開発、運用するためにRaspberry Pi 4を購入しようと思っていました。しかし、昨今の半導体不足の影響で全く手に入りません。
代わりになるものがないかと調べていたところ、今更ながらRaspberry Pi 400というキーボードタイプのラズパイが発売されていることを知りました。

今回はロボット等に組み込むわけでもなく、サーバーとして使用するため、キーボードタイプでも全然問題ない上に、ARMコア自体はRaspberry Pi 4よりも高性能なものが載っている!
ということで購入してみました。

Raspberry Pi 400のスペック

今回購入したRaspberry Pi 400とRaspberry Pi 4のスペックを比較してみました。

スペック比較

CPUのARMのアーキテクチャ自体は両方ともCortex-A72なのですが、動作クロックが従来のRaspberry Pi 4が1.5GHzに対し、今回購入したRaspberry Pi 400は1.8GHzと高い周波数のものになっています。メモリは同じDDR4ですが、容量がRaspberry Pi 400は4GBに対しRaspberry Pi 4は最大8GBまでのラインナップがあります。

あと大きな違いはオーディオ出力やカメラインタフェースでしょうか。どちらもGPIOは備えていますので、ユーザーが作成したハードウェア回路への接続も可能です。

このようにRaspberry Pi 4と並ぶ性能ながら、現在も定価で普通に手に入るというのはかなりありがたいですね。サイズ的にロボットへの組み込みなどは厳しいですが、私の用途ではWebサーバーとして使う予定なので全く問題ないかなと思っています。

入手先

私はスイッチサイエンスさんのサイトで購入しました。今回購入したのは日本語キーボード版ですがUSキーボード版の取り扱いもあります。

秋月電子通商でも在庫がありました。

キット内容

箱の外観はこんな感じです。キーボードがついているので普通のラズパイよりかなり大きいです。

裏面にはスペックなどが記載されていました。

箱の中身は特に備品などはなく、本体のみとなっています。

外観

本体の外観です。ぱっと見は普通の日本語キーボードですが、Windowsキーの部分がラズパイのマークに代わってたりします。

本体裏面はこんな感じです。普通のキーボードっぽいですね。

I/O

Raspberry Pi 400のI/Oについては、キーボード側面にずらりと並んでいる感じです。HDMIは普通のタイプが良かったのですが、Raspberry Pi 4と同様micro HDMIが2つ付いています。

GPIOの部分にはカバーがかぶっていて、外すとピンヘッダが現れます。ここからリボンケーブルなどで基板に引き出して使うことになりそうです。

外観のレビューは以上です。

必要なもの

実際にRaspberry Pi 400を使用するにあたって、追加で用意する必要があるものをまとめてみました。

モニター

画面を表示させるためのモニターが必要です。普通のPCのモニターでも良いですし、以下のようなラズパイなどの組み込み機器向けの小型モニターもありかなと思います。
(購入の際はかならずご自身でRaspberry Piのインタフェースとの整合確認を行ったうえで、購入してください)

最近は色々なサイズのものが発売されていますので、置くデスクのスペースなどに合わせて選んでみるのも良いかと思います。

micro HDMIケーブル

ディスプレイに接続するにあたって、micro HDMIケーブルが必要になります。

私は手元に普通のHDMIケーブルしかないので、1つ新調しようかと思っていますが、せっかくなので4K対応のもにする予定です。

マウス

マウスは家にあるものでもなんでも良いかと思います。Raspberry Pi 400はBluetoothのインタフェースも搭載していますので、ワイヤレスで使いたい方はBluetoothマウスも可能です。

また使い勝手では、私は最近購入したロジクールのトラックボールマウスがめちゃくちゃお勧めです。以下の記事で以前購入したことをかきましたが、手放せない逸品となっています。

電源

5V 3Aの電源が必要になります。私は以下のスイッチがついているタイプのものを選択しました。毎回電源ケーブルを抜かなくてもOFFすることができます。

micro SDカード

ブートするためのSDカードも必要になります。容量は用途に応じて選択してください。

まとめ

Raspberry Pi 400のキット内容や必要なものについてまとめてみました。今後は実際に動かして、ラズパイ3、4などとの処理速度の比較なども行っていきたい思います。

また、Raspberry Piの基礎を学びたい方にはUdemyの以下の講座がおすすめです。

【Pythonではじめる】ラズベリーパイと電子工作入門 icon



それでは、また次の記事でお会いしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次