【WrodPress】サイトのバックアップを取る方法

  • URLをコピーしました!

こんにちは、むらさんです。
今回はWordPressでバックアップを取る方法を調べたのでまとめてみました。

目次

ブログ運用におけるバックアップの必要性

サイトを運営していると、記事の更新の際に誤ってデータを飛ばしてしまったり、WordPressやプラグインをバージョンアップしたときにサイトが動かなくなってしまったり、という事態が発生する可能性があります。

また、私の場合はまだ記事を書きなれていないということもありますが、プログラミングや電子工作などを扱っていると、まずアプリケーションを開発するための情報をインプットした後、実際にコーディングして動作テスト、その後初めて記事を書くという手順を踏まなければいけないため、記事作成に膨大な時間がかかります。

しかし、このように時間をかけて蓄積した記事が、サイトのアクシデントで全部(もしくは一部でも)吹き飛んでしまった、というような事態はなんとか避けたいところです。

というわけでWordPressでバックアップするためのツール、手順を調べてまとめてみました。

環境

WordPress:5.9
テーマ:Luxeritas 

使用しているレンタルサーバーについては以下の記事でまとめています。

レンタルサーバーのバックアップ機能を使う

私はブログを運用するのにさくらインターネットのレンタルサーバーを使用しています。レンタルサーバーによりけりかと思いますが、さくらインターネットにはブログのバックアップ機能が用意されています。

さくらインターネットのコントロールパネルにログインし、「Webサイト/データ」→「バックアップ」と進むとバックアップ機能が使用可能です。

さくらインターネットのバックアップ機能

また、会員は無料で「SnapUP」というWebサービスを利用してバックアップを取ることも可能です。

さくらのレンタルサーバ

WordPressのプラグイン All-in-One WP Migration を使う

もう一つ紹介する方法はWordPressのプラグインを使ったバックアップです。バックアップ用のプラグインを色々調べたのですが、今回は一番手軽に使えそうな「All-in-One WP Migration」でバックアップを行ってみました。

サイトデータをエクスポートする

WordPressのダッシュボードのプラグインで「All-in-One WP Migration」を検索してインストールします。

プラグインの追加

プラグインを有効化すると、ダッシュボードのメニューに「All-in-One WP Migration」が表示されますので、「エクスポート」をクリックします。

All-in-One WP Migrationのメニュー

エクスポート画面で「エクスポート先」のリストが表示されますので、今回は無料で使える「ファイル」を選択します。

エクスポート先の選択

ダウンロードボタンが表示されますので、クリックしてPCへダウンロードします。

サイトのダウンロード画面

これだけでサイトのデータを丸ごとバックアップすることができました。

サイトデータをインポートする

先ほどダウンロードしたバックアップを元に復元する方法です。

ダッシュボードのメニューから「インポート」をクリックすると、インポート画面が用事されます。ここに先ほど保存したファイルをドラッグ&ドロップするだけで復元することができます。

インポート画面

まとめ

今回はWordPressのバックアップ方法を紹介しました。レンタルサーバーとプラグインの両方を併用すればより確実にサイトデータを保護できるかと思います。
また、「All-in-One WP Migration」では有料版にはなりますがOneDriveなど、外部のクラウドストレージに自動バックアップを取ることもできるようですので、サイトで収益が上がり始めたら検討しても良いかもしれません。

それでは、また次の記事でお会いしましょう。

参考

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次