Stable Diffusionでネガティブプロンプト(Negative Prompt)を指定して画像を生成する方法

  • URLをコピーしました!

※本ページはアフィリエイト広告を利用しています

今回は画像生成AI、Stable DiffusionをPythonコードから実行する際に、ネガティブプロンプトを(Negative Prompt)を指定して画像を生成する方法を解説します。
ネガティブプロンプトを使いこなすことで、よりクオリティの高い絵を生成することができますので、ぜひ活用してみてください。

また、Stable Diffusionに関する記事を以下のページで解説していますので、あわせてご覧ください。

以下のページで自然言語処理モデルGPT-3を使ったライティングツールCatchyで、Stable DiffusionのPromptを自動生成する方法について解説していますので、あわせてご覧ください。

目次

Stable Diffusionとは

Stable Diffusion(ステーブル・ディフュージョン)は2022年8月に無償公開された描画AIです。ユーザーがテキストでキーワードを指定することで、それに応じた画像が自動生成される仕組みとなっています。
NVIDIAのGPUを搭載していれば、ユーザ自身でStable Diffusionをインストールし、ローカル環境で実行することも可能です。
(出典:wikipedia)

Stable Diffusion 2.xのセットアップ

Stable Diffusion 2.xのセットアップ方法については以下のページで解説していますので、事前に済ませておいてください。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
著:深津 貴之, 著:水野 祐, 著:酒井 麻里子
¥825 (2024/07/11 20:57時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

ネガティブプロンプト(Negative Prompt)とは

画像生成系AIでどのような絵を出力して欲しいかを指示する文字列をプロンプト(Prompt)といいます。
逆に生成される絵の中から除外して欲しい要素を指示するには、ネガティブプロンプト(Negative Prompt)を指定してやることで実現できます。

画像生成AIであるStable Diffusionにも推論して画像を生成するメソッドに、ネガティブプロンプトを指定することができるインタフェースが用意されています。
今回はこのネガティブプロンプトをPythonコードでどのように実装するかを解説します。

Pythonの基礎を体系的に学びたい方におすすめ
オンラインスクール:DMM WEBCAMP 学習コース(Pythonコース)

作成したソースコード

今回は出力結果の違いを分かりやすいくするために、ケーキの画像を生成して比較するサンプルプログラムを用意しました。

フルーツの載ったケーキの画像を出力させ、そのまま実行した場合と、ネガティブプロンプトで「いちご」を指定した場合の画像を比較して見ます。

ネガティブプロンプト(Negative Prompt)を指定する方法

まずプロンプトに設定する文字列を指定する処理です。
「prompt」という変数には、描きたい絵を指示するための文字列を設定します。今回は「cake with fruit」(フルーツの載ったケーキ)を指示しました。

そして、排除したい要素として「n_prompt」という変数に「stawberry」(イチゴ)というネガティブプロンプトを指示しました。

#プロンプト(指示)
#ポジティブプロンプト
prompt = "cake with fruit" #フルーツの載ったケーキ
#ネガティブプロンプト
n_prompt = "strawberry" #いちご

推論を実行するためのメソッド「pipe」のパラメータ「negative_prompt」(第2引数)に、先ほど設定したネガティブプロンプトの変数「n_prompt」を渡します。

#推論を実行
image = pipe(prompt, negative_prompt=n_prompt, height=768, width=768).images[0]

全体のソースコード

今回、作成した全体のソースコードは以下の通りです。

from diffusers import StableDiffusionPipeline, EulerDiscreteScheduler
import torch
from datetime import datetime

#使用するモデルを指定
model_id = "stabilityai/stable-diffusion-2"

#パイプライン作成
scheduler = EulerDiscreteScheduler.from_pretrained(model_id, subfolder="scheduler")
pipe = StableDiffusionPipeline.from_pretrained(model_id, scheduler=scheduler, revision="fp16", torch_dtype=torch.float16)
pipe = pipe.to("cuda")]

#プロンプト(指示)
#ポジティブプロンプト
prompt = "cake with fruit" #フルーツの載ったケーキ
#ネガティブプロンプト
n_prompt = "strawberry" #いちご

#生成枚数
num_images = 3

#画像を生成
for i in range(num_images):

  #推論を実行
  image = pipe(prompt, negative_prompt=n_prompt, height=768, width=768).images[0]

  #ファイル名を生成
  date = datetime.now().strftime("%Y%m%d_%H%M%S")
  path = date + ".png"

  #画像を保存
  image.save(path)

\ Pythonを自宅で好きな時に学べる! /

実行結果

ネガティブプロンプトを設定しない場合と、設定した場合で実際にStable Diffusionが出力した画像を比較して見ます。

ネガティブプロンプトを設定していない場合

こちらがネガティブプロンプトを設定しない場合の画像です。
色とりどりのフルーツが載ったケーキが出力されました。(一部謎のフルーツも載っていますが…)

もう1枚同じ条件で出力してみました。こちらもイチゴとブルーベリーのようなフルーツが載ったケーキです。

ネガティブプロンプトで「いちご」を設定した場合

続いてこちらがネガティブプロンプトで「いちご」を指定した場合に出力された画像です。
得体のしれないフルーツが混じってはいますが、明らかにいちごらしき赤いフルーツは消えました。

同じ条件でもう1枚、ブルーベリーとパイン?のようなフルーツが載っているケーキが出力されました。
いちごと思われるフルーツは確認できません。

以上のように、ネガティブプロンプトがうまく機能していることが確認できました。

Pythonの基礎を体系的に学びたい方におすすめ
オンラインスクール:DMM WEBCAMP 学習コース(Pythonコース)

Stable Diffusionのテクニックを効率よく学ぶには?

カピパラのエンジニア

Stable Diffusionを使ってみたいけど、ネットで調べた情報を試してもうまくいかない…

猫のエンジニア

そんな時は、操作方法の説明が動画で見られるUdemyがおすすめだよ!

動画学習プラットフォームUdemyでは、画像生成AIで高品質なイラストを生成する方法や、AIの内部で使われているアルゴリズムについて学べる講座が用意されています。

Udemyは講座単体で購入できるため安価で(セール時1500円くらいから購入できます)、PCが無くてもスマホでいつでもどこでも手軽に学習できます。

Stable Diffusionに特化して学ぶ

Stable Diffusionに特化し、クラウドコンピューティングサービスPaperspaceでの環境構築方法から、モデルのマージ方法、ControlNetを使った構図のコントロールなど、中級者以上のレベルを目指したい方に最適な講座です。

icon icon ジェネレーティブAI(画像生成AI)入門【Stable Diffusion】-プロンプトでハイクオリティな画像制作が可能 icon

画像生成AIの仕組みを学ぶ

画像生成AIの仕組みについて学びたい方には、以下の講座がおすすめです。
画像生成AIで使用される変分オートエンコーダやGANのアーキテクチャを理解することで、よりクオリティの高いイラストを生成することができます。

icon icon AIによる画像生成を学ぼう!【VAE / GAN】 -Google ColabとPyTorchで基礎から学ぶ生成モデル- icon

まとめ

今回はStable DiffusionをPythonコードで実行する際に、ネガティブプロンプトを指定する方法について解説してみました。ネガティブプロンプトを使うことでより描画の自由度がアップすると思いますので、ぜひ試行錯誤してみてください。

また、プロンプトをGTP-3で自動生成する方法も以下のページで解説していますので、あわせてご覧ください。

また、以下の記事で効率的にPythonのプログラミングスキルを学べるプログラミングスクールの選び方について解説しています。最近ではほとんどのスクールがオンラインで授業を受けられるようになり、仕事をしながらでも自宅で自分のペースで学習できるようになりました。

スキルアップや副業にぜひ活用してみてください。

スクールではなく、自分でPythonを習得したい方には、いつでもどこでも学べる動画学習プラットフォームのUdemyがおすすめです。

講座単位で購入できるため、スクールに比べ非常に安価(セール時1200円程度~)に学ぶことができます。私も受講しているおすすめの講座を以下の記事でまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

それでは、また次の記事でお会いしましょう。

著:クロノス・クラウン, 著:柳井政和
¥2,138 (2024/07/15 10:46時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
興陽館
¥1,540 (2024/07/11 20:50時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
秀和システム
¥1,210 (2024/07/11 20:50時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次