WSLをインストールする方法

  • URLをコピーしました!

今回はWindowsでUbuntu Linuxのアプリケーションを開発するために、マイクロソフトのWSLをインストールする方法について解説していきたいと思います。

目次

WSLとは

Windows Subsystem for Linux (WSL) とは、Linuxの(ELFフォーマット形式の)バイナリ実行ファイルをWindows 10およびWindows Server上でネイティブ実行するための互換レイヤーでです。
WSLはマイクロソフトが開発した(Linuxカーネルのコードが含まれていない)Linux互換のカーネルインタフェースとともに、その上で動くUbuntuに由来するユーザーモードバイナリを提供します。
(出典:wikipedia

WSLを使用することで、ユーザーはWindows上でLinuxを動作させ使用することができるようになります。

Windows Terminalをインストールする

WindowsのスタートメニューからMicrosoft Storeを起動します。

「Windows Terminal」を検索し、インストールしてください。

インストールが完了したら、Windows Terminalを起動すると以下のような画面が表示されます。

これでWindows Terminalのインストールは完了です。

WSLをインストールする

続いてWSLをインストールしていきます。
以下のマイクロソフトのページにWSLのインストール手順が書かれていますので、こちらの内容に沿って進めていきます。


デフォルトではLinuxのディストリビューションはUbuntuがインストールされます。Linuxディストリビューションを変更したい場合は、マイクロソフトの解説ページを参考にしてください。今回はUbuntuを使用するので、デフォルトのまま進めます。

Windows Terminalで以下のコマンドを実行して管理者権限でPowerShellを起動してください。

Start-Process powershell.exe -Verb runas

PowerShellを起動したら、以下のコマンドを実行してWSLをインストールします。

wsl -install

コマンドを実行するとインストールが始まります。

インストールが完了するとLinuxのユーザー名とパスワードの設定を求められますので、任意に設定してください。

以下のような画面が表示されたらインストールは完了です。

起動方法

2回目以降の起動方法は、Windows Terminalを起動したら新しいタブのとなりの「↓」ボタンをクリックし、出てきたアプリケーションの一覧から「Ubuntu」を選択します。

まとめ

今回はWSLのインストール方法について解説しました。WSLを利用することで、VMWareなどの仮想マシンを使うよりも手軽にLinux環境をWindows上で使用できるようになります。
Dockerなどで動作させるアプリケーションをWindowsで開発する場合など、ぜひ活用してみてください。
Dockerのインストール方法は以下の記事で解説しています。

それでは、また次の記事でお会いしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次