【ロボット】ロボットの配線をスパイラルチューブで整理してみた

  • URLをコピーしました!

こんにちは、むらさんです。
今回はスパイラルチューブという便利グッズを使ってみたので紹介してみたいと思います。先日完成したスパイダーロボットの配線をこのスパイラルチューブで整理してみました。

一般的な家電のケーブルなどを整理するのにも役立つと思いますので、ぜひご覧ください。

目次

製作したロボット

当ブログで製作したRaspberry Piベースのスパイダーロボット、PiCrawlerについてはこちらです。

ロボットの現状

現在のスパイダーロボットはこんな感じです。サーボモーターを12個搭載しているのと、センサー類や電源などたくさんのケーブルがあり、すごい寝ぐせがついているかのようになっています。

f:id:Murasame_Tech:20220123151326j:plain
煩雑な配線

このままだと動かしている最中にケーブルが引っかかってコネクタが抜けてしまったり、最悪切れてしまう可能性もあります。動作確認が取れるまでは、配線のやり直しの可能性もあったため、そのままにしていましたが、もうハードウェアは当分変更しないため整理していこうと思います。

配線を整理する

ロボットのキットの中に配線を束ねる部材が入っていました。Googleで調べたところ、スパイラルチューブというもののようです。

f:id:Murasame_Tech:20220123151644j:plain
同梱されていたスパイラルチューブ

一般的に市販されており、アマゾンなどでも買えるみたいです。では早速ロボットに取り付けていきましょう。

ちょうど基板の上部、半分あたりまで巻いたところでサーボモーターのコネクタ部分を取り出し、端子に接続しました。そして残り半分も巻いていきます。

f:id:Murasame_Tech:20220123152325j:plain
スパイラルチューブを取り付ける

チューブは長めのものが入っているようで、余った部分は最後にハサミでカットしました。

f:id:Murasame_Tech:20220123152821j:plain
余ったチューブを切断

こんな感じで配線をきれいにまとめることができました。

f:id:Murasame_Tech:20220123152933j:plain
スパイラルチューブでまとめた状態

ちなみにスパイラルチューブの巻き方がイマイチよくわからなかったので、YouTubeの動画を参考にさせて頂きました。

動作確認

最後にスパイラルチューブを巻いた状態でケーブルの長さに問題がないか動作確認を行いました。

f:id:Murasame_Tech:20220123153408j:plain
動作確認

画像のように脚が一番開いた状態でも少しケーブルの長さは余裕があり、可動に問題ないことが確認できました。

まとめ

今回はロボットのケーブルを束ねるのに使いましたが、スパイラルチューブでPC周りの配線を束ねたらかなりスッキリするのでは!?と思いました。
色々なところに応用できそうな感じですね。

それでは、また次の記事でお会いしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次