Stable Diffusionで使えるおすすめのVAE(Variational Auto Encoder)を紹介

  • URLをコピーしました!

※本ページはアフィリエイト広告を利用しています

今回は、Stable Diffusionで利用可能なおすすめのVAE(Variational Auto Encoder)を紹介します。

モデルによっては組み合わせるVAEを変えることにより、生成される画像のクオリティを大幅に向上させることが可能です。

一般的にはモデルごとに推奨されるVAEが指定されている場合もありますが、独自に組み合わせを変えることも可能です。ぜひ、今回紹介するVAEを色々なモデルと組み合わせてトライしてみてください。

この記事でわかること
  • Stable Diffusionで使用できるVAEの種類
  • 各VAEの入手先
  • VAEの使い方

また、当ブログのStable Diffusionに関する記事を以下のページでまとめていますので、あわせてご覧ください。

Stable Diffusionの導入方法から応用テクニックまでを動画を使って習得する方法についても以下のページで紹介しています。

目次

VAE(Variational Auto Encoder)とは

VAEは、機械学習の領域で使用される一種のオートエンコーダです。

Stable Diffusionで画像を生成する際、画像を学習させたモデルと併用することで、色彩を調整したり、ディティールをアップさせるなどの効果が得られます。

生成される画像のクオリティは組み合わせるモデルによって大きく変わります。

VAEのインストールから使い方までを、以下の記事で解説しています。

Stable Diffusionでの画像生成に最適! VRAM16GB搭載モデル!
¥82,900 (2024/07/11 20:50時点 | Amazon調べ)
\最大15%ポイントアップ!/
Amazon

ClearVAE

アニメ調モデル用に製作されたVAEです。鮮やかな色彩の画像を生成します。

3Dアート系にも使用できます。

配布先

sd-vae-ft-ema-original

Stability AI公式からリリースされているVAEです。

kl-f8をベースにチューニングされており、フォトリアル系、アニメ系どちらにも使用することができます。

vae-ft-mse-840000-ema-pruned

配布先

vae-ft-ema-560000-ema-pruned

配布先

著:深津 貴之, 著:水野 祐, 著:酒井 麻里子
¥825 (2024/07/11 20:57時点 | Amazon調べ)

OrangeMixs

アニメ調モデルに特化したVAEで非常に鮮やかな色彩を表現できます。

配布先

Stable Diffusionでの画像生成に最適! VRAM16GB搭載モデル!
¥82,900 (2024/07/11 20:50時点 | Amazon調べ)
\最大15%ポイントアップ!/
Amazon

kl-f8-anime2

SD1.5初期のころからある古いVAEですが、非常に多くのモデルで推奨されています。

アニメ調モデル向けに製作されています。

配布先

上記Civitaiでダウンロードしたファイルで動作しない場合は以下のリンクからkl-f8-anime2.vae.ptをダウンロードして使用してください。

Stable Diffusionのテクニックを効率よく学ぶには?

カピパラのエンジニア

Stable Diffusionを使ってみたいけど、ネットで調べた情報を試してもうまくいかない…

猫のエンジニア

そんな時は、操作方法の説明が動画で見られるUdemyがおすすめだよ!

動画学習プラットフォームUdemyでは、画像生成AIで高品質なイラストを生成する方法や、AIの内部で使われているアルゴリズムについて学べる講座が用意されています。

Udemyは講座単体で購入できるため安価で(セール時1500円くらいから購入できます)、PCが無くてもスマホでいつでもどこでも手軽に学習できます。

Stable Diffusionに特化して学ぶ

Stable Diffusionに特化し、クラウドコンピューティングサービスPaperspaceでの環境構築方法から、モデルのマージ方法、ControlNetを使った構図のコントロールなど、中級者以上のレベルを目指したい方に最適な講座です。

icon icon ジェネレーティブAI(画像生成AI)入門【Stable Diffusion】-プロンプトでハイクオリティな画像制作が可能 icon

画像生成AIの仕組みを学ぶ

画像生成AIの仕組みについて学びたい方には、以下の講座がおすすめです。
画像生成AIで使用される変分オートエンコーダやGANのアーキテクチャを理解することで、よりクオリティの高いイラストを生成することができます。

icon icon AIによる画像生成を学ぼう!【VAE / GAN】 -Google ColabとPyTorchで基礎から学ぶ生成モデル- icon

まとめ

今回は、Stable Diffusionで利用可能なおすすめのVAEを紹介しました。

どれも多くのモデルで推奨されているVAEで、適用することで生成される画像のクオリティの向上が期待できますので、様々な組み合わせを試してみてください。

また、以下の記事で効率的にPythonのプログラミングスキルを学べるプログラミングスクールの選び方について解説しています。最近ではほとんどのスクールがオンラインで授業を受けられるようになり、仕事をしながらでも自宅で自分のペースで学習できるようになりました。

スキルアップや副業にぜひ活用してみてください。

スクールではなく、自分でPythonを習得したい方には、いつでもどこでも学べる動画学習プラットフォームのUdemyがおすすめです。

講座単位で購入できるため、スクールに比べ非常に安価(セール時1200円程度~)に学ぶことができます。私も受講しているおすすめの講座を以下の記事でまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

それでは、また次の記事でお会いしましょう。

著:クロノス・クラウン, 著:柳井政和
¥2,138 (2024/07/15 19:33時点 | Amazon調べ)
興陽館
¥1,540 (2024/07/11 20:50時点 | Amazon調べ)
秀和システム
¥1,210 (2024/07/11 20:50時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次